赤ら顔

赤みがかったほほの顔を赤ら顔、なんて言いますけど当の本人は気にしていることが多いですよね。

私も、冬場は特に赤ら顔を気にしていました。

 

 

赤ら顔 治療

赤ら顔と言えば、ちょっと田舎っぽい感じで、どうしても気になります。

意外と他人は気にしていないのに、本人はどうしても視線が赤らみに注目されているように思えてならないんです。

中学・高校と年齢を重ねるにつれて、悩みは深くなっていきますよね (^^)b

 

やっぱり、好きな人には良く見られたいですし、好きな人の前でなくてもよく見られたいですから (*'▽')

 

最近では、その赤ら顔の治療ができるようになったのですから、かなりありがたい話。

そもそも、お医者さんにも赤ら顔の悩みには見向きもしない人が多かったですから、なかなか悩みなんて分かってもらえないんだなぁ、と。

連帯意識というか、同じような悩みを持っていた人から、教えてもらったときは、すっかり有頂天に (^^)b

でも、お医者さんのレーザー治療って、けっこう高額なうえに、何度も通わなくてはならなくて、それでも行きたくて仕方ありませんでした。

 

口コミで大人気!
> 満足度98%の【赤ら顔化粧水】今ならキャンペーン中!【ULU】

 

赤ら顔 化粧水

実際に赤ら顔の改善に手を出したのは、化粧水の類からでした。

皮膚科での赤ら顔治療は、保険が効かないため、かなり高額だったので、まずは手を付けやすいところから頑張ってみたんです。

 

… 肌が負けたw

 

赤ら顔になるということは、皮膚の毛細血管が皮膚の表面近くを通っていて、敏感肌・乾燥肌などの場合が多いんです。

そのような肌質の場合、皮膚のバリア機能も低下していることが多く、少しの刺激でも反応しやすいため、化粧水も選び方を間違えると、いっぺんに負けます。

 

… 見方によれば、お肌のバリア成分が補えたら、徐々にですが赤ら顔は改善してきます。

具体的には、セラミドの補給が欠かせないんです。

ちなみに。セラミドが効果のあることは以前から知られていたわけではなく、赤ら顔に効くことが分かったのは、ここ数年のことなんです。

 

あと、肌負けしない化粧水に必要なのは…

 ☑ 防腐剤フリー

 ☑ 界面活性剤フリー

 ☑ シリコンフリー

 ☑ ポリマーフリー

 ☑ 鉱物油フリー

 ☑ 香料フリー

 ☑ 着色料フリー

など、添加物が入っていないことが理想的なんです。

添加物にお肌が負ける … ということは、分かりやすいと思いますが、赤ら顔になる理由自体が、肌の敏感さによるものだとすれば、当然のことだと分かっていただけると思います。

 

 

赤ら顔の原因

原因については、先ほども少し触れました。

単純に敏感肌ともいえるその原因は、色んな化粧水や治療方法を阻むので、治療にあたっての難易度は激高なんです。

 

なのに、表立って言われてこなかったわけで、当然、本気で取り組む人も少ないわけで。

(だって、市場があると思えないところに力をかける会社って無いですよね!)

でも、作っている本人が悩んでいたとするなら … けっこう、本気の赤ら顔対策ができあがりそう。

 

口コミで大人気!
> 満足度98%の【赤ら顔化粧水】今ならキャンペーン中!【ULU】

 

その本気度っていうのがやっぱり伝わる方がいいですよね。

化粧水での取組みは赤ら顔にはコスパでいいところも付け加えておきますね!

共通パーツ

全てのページのコンテンツ下部に表示されるパーツです。

ページトップへ